マガジン

読んでくれる誰かのためにも自分の挫折体験の文章を。書く葛藤の先で得られたものとは?【プログラム参加者インタビュー】

出展:

中高生の「やりたい」をカタチにするサポートプログラム「Teens Creative Program(以下、TCP)」。オンラインイベントプロデュース、デザイン、ライティングの3つのコースがあり、それぞれイベントや広告ポスター、WEB掲載用の記事といったアウトプットに挑戦できます。

ただこの各コースはどれも、全4回のプログラムということもあって「興味はあるけれど……」と迷っている人もいるのではないでしょうか?

「どんな内容なの」
「難しくない?」
そんな疑問に答えるため、プログラムに参加してくれた中高生にインタビューをしました。

今回インタビューに協力してもらったのは、『私を変えた挫折と「校外活動」との出会い』という卒業課題で自分の過去を赤裸々に振り返る勇気ある文章を書いたももさん。その文章ができるまでの裏側には、葛藤があったようです……。

 

書く恥ずかしさから一歩踏み出すきっかけが欲しかった

—— ももさんが今回、TCPのライティングコースに参加してみようと思ったきっかけについて教えてください。

もともと本を読むのが好きで、自分で書くことにも興味を持っていました。しかしいざ書こうと思うと、自分の文章への自信のなさや、純粋に書いたものを見られることへのほんの少しの恥ずかしさもあって一歩踏み出せずにいたんです。

そんな時カタリバオンラインの特別プログラム(単発の講座)で現役のライターさんに文章を教えてもらえる機会があると知ったのですが、タイミングが合わずに参加できませんでした。だから今回TCPライティングコースでようやく、ライターさんに教えてもらえる機会への参加が叶ったんです。

—— ライティングコースに参加することにどんな楽しみや期待を持っていましたか?

自分が書いた文章を添削してもらえることを、一番楽しみにしていました。また同世代の人たちの文章も読めると聞いていたので、ワクワクしていましたね。書くときに気を付けるべきところ、読み手に伝わるコツも学べたらいいなあと期待していました。

書きたいはずのテーマとの葛藤 乗り越えた先の爽快感

—— 実際に受講してみて、いかがでしたか?

文章を書き終わったあとの爽快感はたまりませんでした。というのも私は今回、自身の体験談を記事にしたのですが、自分のこととはいえ挫折に触れることもあり、どこまで書くのか葛藤する時間があったんです。ただ自分が進路を決めるというターニングポイントを迎えていることもあって。もう一度これまでのことを振り返っておきたい、気持ちを残しておきたいという思いが強くなり、『私を変えた挫折と「校外活動」との出会い』というタイトルで文章を書くと決意しました。とはいえやはり、文章を書き始めるまでには少し時間がかかりました……(笑)。

▼ももさんが書いた文章はこちら▼

私を変えた挫折と「校外活動」との出会い|TCPライティングコース受講生課題

また書いた文章がWEB上に掲載されることを意識できるのもよかったです。私は「ですます調」の文章があまり得意ではないのですが、今回書いた文章がカタリバオンラインfor TeensのWEBサイトに載ると聞いていたので、苦手な文体にも挑戦できました。自分を振り返る自分のための文章であることはもちろんですが、読んでくれた人のためにもなる文章を考える機会にもなったと思っています。

—— キャストのサポートはどうでしたか?

DAY1とDAY2では、文章を書くときのコツを分かりやすく教えてもらえました。私たち中高生の進み状況を細かく確認しながら進めてくれているのが画面越しに伝わってきたのもうれしかったですね。全体的に雰囲気の柔らかさもあって楽しかったです。

またなにより、こんなにも細かく自分の文章を見て添削してくれるとは思っていませんでした。

人の記録を残すエッセイに挑みたい

—— 今回のライティングコースで学びを通して新たに挑戦してみたいことなどが見つかっていたら教えてください。

エッセイを自分でも書いてみたいと思うようになりました。もともと本を読むのが好きで、中学生の頃は物語のような文章を書いていたんです。高校に入ってからはエッセイにも魅力を感じていて、自分の記録を自分の言葉で残せたら楽しいだろうなと思っています。また取材を通して他の人の記録を残すような文章にも挑戦してみたいです。

進路も文学系の学部を目指しています。ライティングコースやこれからで学ぶであろうことも活かしながら、いろんな文章を書くことを極めていきたいです。

—— 最後に、ライティングコースに興味がある人に「ここがおすすめ」というポイントがあれば教えてください。

やはり現役のライターさんからコメントやアドバイスがもらえるところがおすすめポイントだと思います。また自分で文章を書いているものの自信がない人や、書きたい、伝えたいけれども書けないと悩んでいる人にはうってつけの内容ではないでしょうか。伝える、伝わる文章を書くための技術を教えてもらえるはずです。また同世代の人たちも一緒に受けるので、リラックスしながら学べると思います。

 

――――――――――――

中学生や高校生の頃は案外、自分が伝えたい、書きたいと思ったことを文章にする機会ってあまりない気がします。ライティングコースでは、書くテーマから自分で決められます。だからこそ悩むこともあるでしょう。でも大丈夫です。気軽に相談できるスタッフや同じ時期に受講する同世代の仲間がいます。

ライティングコースは、9月以降も開催が決まっています。ももさんのように自分で書く一歩を踏み出したいと思ったことがある人、テーマから自分で決めて書ききってみたいと願ったことがある人の参加、お待ちしております!

▼コース詳細ページはこちら▼

ライティングコース(9月期)

▼20分で体験できるプログラムも!▼

ライティングコース体験会

▼コース受講生の卒業課題はこちら▼

定期テストと丸かぶりの困難を乗り越え執筆!TCPライティングコース受講者課題まとめ