マガジン

私が初めてメイクをした日の話|TCPライティングコース受講者課題

出展:

私がメイクを始めたのは中学2年生、14歳の頃。
周りの友だちがみんな赤いリップやキラキラのアイシャドウをつけて遊びに行く、ちょうど韓国メイクが流行りはじめていた頃でした。

その頃の私はというとメイクに多少興味を持っていましたが、なんだかまだ早い感じもしていていました。しかし友だちと遊ぶ時に私だけメイクをしていないことがみんなから遅れているように見えたので、みんなに合わせるためのメイクを始めたのです。

少ないお小遣いで必死にコスメを買ったり、ファンデーションやパウダーを顔に塗りたくったりする日々。そんななんの知識もないままメイクを始めた私に残ったのは、肌荒れやニキビが目立つようになった顔、さらにコスメを買うためにお小遣いを散財してほぼ空っぽになった財布という最悪な結果でした。

一度は最悪だと思ったメイク。しかし今の私は、メイクに楽しさを感じています。なんなら自分の自信につながるものになるとも思っています。

 

私が思うメイクで一番大切なこと

私がメイクを楽しめるようになったのは「メイクは周りに流されてやるものじゃない」「流行だとかみんながしてるからしなきゃと焦る必要はない」「メイクをする理由は人それぞれで全然大丈夫」と気づけたからです。

例えばメイクをする理由1つとっても、「可愛くなりたいからメイクをする」とか「今日は自分の気分をあげたいから自分の好きな色を使ってメイクをする」とか、人それぞれではないでしょうか。その人やその時の気分によって変わるメイクに正解はないのです。

とはいえメイク始め方や調べ方が分からない人もいると思います。そこで私なりのメイクの始め方や無理なく続ける方法についてまとめてみました。

メイク

初めてメイクをする時に必要なこと

初めてメイクをする時に必要なことは「メイクの基礎について調べること」。ただこれだけです。「コスメを買わなきゃ!」と売り場へ行く前に、まずはインターネットやYouTubeを使って調べてみることをオススメします。「メイク 基礎」や「メイク 初心者 必要なもの」と検索してみると、たくさんのコスメが出てくるはずです。

ただ数が多すぎて、どんなコスメが必要なのかを見つけるのも難しいところ。そんな悩みを解消してくれるアプリがあります。国内最大級のコスメ口コミアプリ「LIPS」です。

https://lipscosme.com/

使い方はとても簡単。ネットで調べて気になっているコスメを検索バーに入力すれば、その詳しい情報が出てきます。また日々更新されるランキングを見れば、人気のコスメも一目で分かります。さらに有名なモデルさんやインフルエンサーの方も使っているアプリなので、「このモデルさんの雰囲気になりたい」「好きなインフルエンサーさんと同じコスメが欲しいな」と思ったら、すぐに真似したり参考にしたりできるのです。また自分が気になる、自分に必要なコスメを探すのはもちろん具体的な使い方も見られるので、初めてのメイクにうってつけのアプリだと思います。

他にもメイク初心者さんにオススメなのはYouTubeです。最近ではその月に発売されたばかりのコスメをレビューしたり、「〇〇風メイクしてみた」などメイクの手順を動画で紹介したりする美容YouTuberの方もたくさんいます。特にコスメの使い方やメイクの手順は、YouTubeなら動画で確認できるのでわかりやすいでしょう。

メイクをする時に注意して欲しいこと

またメイクを楽しむために、私が気を付けている2つのポイントも紹介します。

  1. 最初から飛ばし過ぎない
  2. クレンジングとスキンケアをしっかりすること

①の「最初から飛ばし過ぎない」は、私が初めてメイクをした時に後悔した経験そのものです。そのコスメがどんなにかわいくても流行っていても、その時の自分に必ずしも必要でなければ無理に購入せず、自分の財布と相談することが大切です。勢いで買ったコスメは、案外使わなかったなんてことも珍しくありません。またコスメには消費期限があります。その期限を過ぎると肌荒れなどのトラブルに繋がるので、やはりその時の自分に必要なものを買うようにしましょう。

そしてクレンジングとスキンケアは、基本のきです。メイクをしたまま寝たり、めんどくさいからスキンケアをサボったりするのは一番よくありません。本来メイクは、肌にとってストレスのかかる行為。だからこそ1日の終わりに汚れをしっかり落とし保湿をしっかりすることで、肌を労わる必要があるのです。きちんと整った肌の方がメイクのノリもいいので、クレンジングとスキンケアにもきちんと力を入れましょう。もちろん肌のお手入れコスメも自分の肌に合うものを選びましょう!

スキンケア

最後に

私はこれまで失敗もしながらいろんなコスメを手に取り、自分なりに楽しむ方法を見つけてきました。だからこそ、メイクが楽しいと思えるようになったのです。

ただ「メイクはしなくてはならないもの」とは思っていません。メイクをしたくないのに無理をしたり、周りが始めたからと焦ったりする必要はないと思っています。そのままの自分でも全然大丈夫です。もちろん毎日メイクをしなければならないなんてルールも、なんなら男性がメイクをするのはダメなんてルールもありません。メイクは自分の好きなように楽しめばいいのです。

ただ世の中には、「学生がメイクなんて早い」「大人にもなってメイクをしてないのはマナー違反」「そのメイクはあなたに合っていないからやめた方がいい」と言う人もいます。

「うるせーーーー!!!」

そんな人と出会った時はこの一言を心の中で唱え、自分のなりたい姿を貫き通しましょう!そのまま自分も、なりたいを貫く自分も十分素敵だと私は思っています。

私はただのコスメが好きなポジティブガールです。今回紹介したメイクの始め方も気を付けるポイントも、我流です。メイクには正解はありません。人によって意見が違います。メイクを始めていく中で、何を信用していいのか迷うことも出てくるかもしれません。その時は、自分のメイクルールを作っちゃえば大丈夫! たくさん調べた情報の中から、自分と相性がいい、いいなと思える理想のメイクを極めていきましょう!

(執筆:8月期TCPライティングコース|高3・はるさん)

———-

はるさんが受講したライティングコースは、9月期も開催決定!

文章を書くのが苦手な人も、もっと好きになりたい人も。

文章を書くコツはもちろん、書き終えた時の達成感、爽快感を味わいませんか?

▼コースについて詳しく知りたい人はこちら▼

ライティングコース(11月期)

▼コース受講生の卒業課題はこちら▼

定期テストと丸かぶりの困難を乗り越え執筆!TCPライティングコース受講者課題まとめ