マガジン

夢は破れて終わり…じゃない! Teensのねえさん・あやきゃん流「自分の夢を諦めない方法」とは?【カタリバ大人の回り道】

出展:

あやきゃん カタリバ インタビュー

 

カタリバオンライン for Teens(以下、カタリバオンライン)には、プログラムを運営したり、講師を担当したりする大人が結構たくさんいます。その大人の中には、「そんな経験があったの」「そういう人生の歩み方もあるんだ」という生き方をしている人も……。

そこで「カタリバ大人の回り道」と題し、カタリバオンラインにかかわる面白い大人たちの物語を、公式キャラクターのリバねこ」によるインタビューで紐解いていきます。

第1回のゲストはカタリバオンラインのデザインコースの受講生にはおなじみの、あやきゃん。明るく優しい、頼れるカタリバオンラインのねえさんにも、いろいろあったみたいですよ。

 


 

【今回話をしてくれた人】

あやきゃん
カタリバオンライン for Teensの何でも屋。PRをしたりプログラムの講師をしたりと大忙し。そんな忙しい日々のなかでも副業でデザインや広告の仕事にも挑戦している

 


 

私の一番大切にしたい軸を再確認できた、最初の就職

あやきゃんがカタリバオンラインに参加しようと思った理由を教えて。

 

あやきゃん:「自分に嘘をついているなあ」と感じたことがきっかけかな。

 

どういうこと?

 

あやきゃん:実はカタリバオンラインが、大学を卒業してから最初の進路ではなかったの。大学卒業後は広告関連の仕事に就いたんだ。もちろん広告の仕事がしたくて選んだ道だったんだけど、希望する教育系部署(仕事)への配属が叶わなくて。そこでの仕事も頑張ったけれど、自分に嘘をついたつけがたまったのかも……。体調を崩してしまったんだよね。

 

自分についた嘘は、体調を崩してしまうほど大きなものだったんだね。そもそもなぜ希望部署での仕事が叶わなかったの?

 

あやきゃん:「総合職」採用だったからだと思う。

 

総合職採用?

 

あやきゃん:特定の仕事ではなく、営業や事務、企画などあらゆる仕事に就く可能性がある採用の方法だよ。数年かけていろんな仕事に挑戦できるのはメリットなんだけど、自分がやりたいことが明確な人にとっては合わない可能性がある採用の仕方なんだよね。

 

希望は聞かれないの?

 

あやきゃん:もちろん希望の調査はあるよ。ただ必ずしも希望通りにならないこともあるんだよね。

 

希望した仕事に挑戦できないこともあるのかあ……。でも数年かけていろんな仕事に挑戦できるなら、希望する教育系の部署にそのうち行けたかもしれないんじゃないの?

 

あやきゃん:その可能性も0ではないと思う。ただ最初の就職先が広告を通して描く社会や未来に、自分のやりたいことを重ねられなくなってしまったんだよね。だから4カ月という短い期間で辞めちゃった。でもね、この短い数カ月間で「自分が本当に大切にしたい生きる軸」を再確認できたから、最初の就職先に入ったのもいい経験だったと思っているよ。

 

自分が本当に大切にしたい生きる軸……?

 

あやきゃん:そうそう。私の軸は「異なる価値観を持つ人同士がつながる場をつくること」だと気づけたの。

高校時代は文化祭、大学時代はカタリバ。熱中が生みだした自分の未来

その軸に気づけたのはなんで?

 

あやきゃん:大学時代にカタリバに参加して、そこでいろんな人の生き方に触れられたことが大きく影響しているかな。当時、札幌に住んでいた私はカタリバの活動の中で、同じ北海道のある町の高校生と話す機会をもらったの。その時に自分の中に、無意識の偏見があることに気づかされて。

 

無意識の偏見……?

 

あやきゃん:端的に言うと、田舎を無意識のうちに見下している自分に気がついたの。「何も無くて困っているだろう」みたいな感じで。でも実際にその町で出会った高校生たちは、自分たちが暮らす地域や学校を愛し、そこでできるいろんなことにイキイキと取り組んでいて。その姿を見た時に、偏差値や生活圏の豊かさでしかものを見ていない自分の視野の狭さにハッとしたの。この時に、自分が今いる環境から出て、いろんな人生背景を持つ人とつながれる場所をつくっていきたいと思ったんだよね。

 

すでに「軸」ができているようにも見えるけど……、なぜ広告の道を目指したの?

 

あやきゃん:一番大きなきっかけとなったのは、高校時代の文化祭の模擬店企画かな。卒業した先輩方からの審査でも毎年1位をとるくらい、かなり力を入れて取り組んだんだよね。そして進路相談の時に担任の先生から「企画が好きなら広告代理店という道もある」と教えてもらって。それまで企画やものづくりを仕事にするイメージがいまいち持てずにいたんだけど、この時はじめて「好きを仕事にする」という道が開けたんだよね。だから大学に進学してからも広告代理店で働くことをイメージして、インターンや就職活動に集中できたんだ。

挫折したからこそ踏み出せた一歩。目的と手段、どちらの夢も叶えられる

あやきゃんんは、夢だった広告の世界に入って好きなことを仕事にできたわけだよね? せっかくやりたかった仕事を辞めちゃうのはもったいないと思わなかったの?

 

あやきゃん:当時はもったいないというより、情けなさが大きかったかな。楽しんで仕事に打ち込んでいる同世代もいる中で、自分は早々に体調を崩してしまったから……。でもその時に救ってくれたのが、かつて一緒に活動したカタリバの仲間たちなんだよね。カタリバで出会った人たちのメンバーにも職業や職場を変えている人がいて、そういう生き方もあると知っていたのは大きかった。あとはキレイごとだと思っていたインタビューなどの記事にも勇気をもらったかな(笑)。

 

キレイごとだと思ってたんだ……。

 

あやきゃん:いや、大学生の頃だよ。でも世の中にあふれている情報には、その時の自分には理解できない、別世界のように思える出来事がたくさんあるのは事実だよね。ただいろんな生き方に触れておくことで、「ああ、あの時あの人はこういうことを言っていたのか」と、その人の言葉が自分の新たな一歩の参考になることも十分にありえると思うんだ。だからこそ私はやっぱり、「異なる価値観を持つ人同士がつながる場をつくる」という自分の軸、信念を実現していきたい。

 

その軸は、カタリバオンラインで実現できそう?

 

あやきゃん:まだまだやるべきことはたくさんあるけれども、この軸を実現できる場所だと思ってるよ。

 

広告は、もういいの?

 

あやきゃん:実は広告でこの軸を叶えられないかなと思って、別の仕事を探したこともあるんだ。でも必ずしも自分が大切にしている軸と広告が一緒である必要はないと気づいたんだよね。

 

どういうこと?

 

あやきゃん:私は今、カタリバオンラインの仕事とは別に、いろんな会社の広告をつくるお手伝いもしてるんだ。私はこの2つの仕事を通して、自分には「場づくり」という目的の夢と、「広告」という手段の夢があったんだなあと改めて感じているところ。と同時に、夢を叶える方法は1つだけじゃないとも実感してる。目的も手段も満たした道を目指すのもいいし、目的と手段を別々に達成できる道をかけ持つのもいい。諦めない限り自分の夢を叶える方法は見つかると、身をもって実感してるよ。夢は破れて終わり、ではない!

 

やりたいことを実現する正解は1つじゃないってことだと思うんだけど、その方法を見つけられるかが少し不安だよ。

 

あやきゃん:自分のいる世界から出て、いろんな人の生き方、価値観にたくさん触れることが、その不安をやわらげる大きな材料になると思うな。私が自分の偏見と向き合うきっかけとなったのも、別の地域に住む人との触れ合いだったから。また中高生の間は、自分が暮らす場所から気軽に離れられない現状もあると思う。そんなときは本やWEBの記事でいろんな人の生き方、考え方に触れてみて。そして別に声に出さなくていいから、「なんで」「こんな考え方もあるんだ」「私は違うと思う」という問いや感情を心に浮かべながら読んでみて。そうすることで、自分が大切にしている軸も見えてくるかもしれない。

 

それなら簡単に取り組めそうだね。

 

あやきゃん:あとは「告知じゃん!」ってツッコまれるとは思うけれど、カタリバオンラインという場所を活用してもらえたらと思っているよ。全国の同世代はもちろん、少し年上の大学生やいろんな人生を歩んでいる大人と話す絶好の機会だから。自分の進路や将来に悩んでいるなら活用しない手はないんじゃないかと、自画自賛だけど思ってます!

 


 

\リバねこボイス/

あやきゃんのこれまでの人生を聞いて感じたのは、「人生、何度だってやりたいことに挑戦できる」ってこと。もちろんそう考えて動けるようになるには大変な思いも経験するだろうけれども、諦めなければいつかきっとその想いは実を結ぶんじゃないかな。これもキレイごと……?

その挑戦の道を切り開くためには、自分の中にいろんな生き方のモデルを備えておくことも大事だと思ったよ。だからこそいろんな人の価値観に触れる機会を大事にしていきたいね。