何から学んだっていい 誰と楽しんだっていい 自分のスタイルで

カタリバオンライン for Teensは、認定NPO法人カタリバが運営する中高生向けのオンラインコミュニティサービスです。決まりはユーザー登録だけでいつどのプログラムに参加するのかだれとコミュニケーションをとるのかは自由。自分の学びを深めのも、同じ話題で盛り上がれる仲間をつくるのも。さあ、自分の「Like It !」を見つけ、伸ばそう。

scroll

無料で会員登録する

カタリバオンライン for Teensは、認定NPO法人カタリバが運営する中高生向けのオンラインコミュニティサービスです。決まりはユーザー登録だけでいつどのプログラムに参加するのかだれとコミュニケーションをとるのかは自由。自分の学びを深めのも、同じ話題で盛り上がれる仲間をつくるのも。さあ、自分の「Like It !」を見つけ、伸ばそう。

無料で会員登録する

カタリバオンラインで自分の「Like It !」が見つかりました! カタリバオンラインで自分の「Like It !」が見つかりました!

  • 大学生と話すことで
    進路がクリアになった!
  • 将来やってみたいことが
    今できることだと気づけた!
  • 学校で話しづらいテーマも
    ここならたくさん話せる!
  • 人と違った部分も
    ここなら受け入れてくれる!
  • 場所や年齢関係なく
    誰とでも友達になれる!
Hellow My Master !!

専門性の高いトークでプログラムをもっと深く

カタリバオンラインでは、さまざまなジャンルの専門家を
プログラムにお招きしています。
今後の講師のご登場にご期待ください。

最近ご登場
頂いた講師

大学生
たけちゃん/裕大さん
認定NPO法人カタリバ職員
古野香織さん

MAGAZINE マガジン

2022.08.10

日本の伝統の担い手として何をするべきなのか?/”問い”を育む 高校生たちの物語 #09

ここに注目
5歳の頃から伝統音楽に携わり、伝統音楽・楽器の保存や進展について探究中のKzさん。自分だからこそできることを探し、未来に向けて歩みを始める勇気が伝わってきます。
2022.08.03

夢を叶えるために何をすべきなの?/”問い”を育む 高校生たちの物語 #08

ここに注目
「事業を立ち上げたい」という目標を持ち、高校生活を送るエルさん。、まだまだ行動できてないと言いながら、想いを語る言葉の一つ一つにエネルギーを感じます。
2022.07.28

個性を尊重し合える社会にするために必要なことは?/”問い”を育む 高校生たちの物語 #07

ここに注目
「発達障害をもつ方の生きずらさを解消する」ためのプロジェクトに取り組むめのさん。穏やかな口調の中に垣間見れる当事者としての強い意志がとても印象に残りました。
2022.07.22

「地域の魅力」を私たちはどうやって伝えるの?/”問い”を育む 高校生たちの物語 #06

ここに注目
タンキュウブに所属し福島県伊達市の地域活性化に取り組む、みおさん&そうまさん。多くの人との出会いや一つ一つの活動が2人の成長に繋がっている様子が伝わります。
2022.07.15

今の自分は本当にこの道を進んでいいのだろうか?/”問い”を育む 高校生たちの物語 #05

ここに注目
"自分に嘘をつかない"という気持ちを胸に、東京→島根→ポルトガルと新たな場所で挑戦を続けるひろさん。日常の「小さな違和感」「新たな体験」の大切さを改めて感じます。
2022.07.08

自分の「好き」を周りの人にどうやって広める?/”問い”を育む 高校生たちの物語 #04

ここに注目
”楽しそう!”という直感から「防災」「一次救命処置」をテーマに探究を続けるしおりさん。回を重ねるごとにどんどん自信を持ち自分を表現する姿が素敵でした。
2022.06.30

あなたにとっての「あたりまえ」は何だろう?/”問い”を育む 高校生たちの物語 #03

ここに注目
環境問題や政治、女性の社会進出など、身近な体験から様々な社会課題に関心を持つふうかさん。夏からニュージーランド留学も控え、さらなるチャレンジが続きます。
2022.06.23

自分が「情熱」を持って取り組めることって何?/“問い”を育む 高校生たちの物語。 #02

ここに注目
高校2年3学期に全日制高校から角川ドワンゴ学園S高等学校*に転校した安田くん。内気な自分の殻を破り、「情熱」をもって取り組めることを探し続ける姿に刺激を受けます。
2022.06.15

自分の「好き」を社会課題解決に繋げるには?/”問い”を育む 高校生たちの物語。 #01

ここに注目
「自分に何ができるか?」を問い続ける。大好きな牛が引き起こす環境問題や貧困などの社会課題に関心を持つゆあさん。自分にできる一歩を踏み出し続ける姿が印象的です。